【門型フレーム(ラーメン構造)の良さとは?】 | 藤島建設ブログ | 藤島建設

埼玉県川口市やさいたま市で注文住宅やリフォームなら藤島建設

公式Facebook 公式Instagram

048-265-8888

資料請求・
お問い合わせ

公式ブログ

2020.2. 6

【門型フレーム(ラーメン構造)の良さとは?】

こんにちは! 藤島建設の広報チーム岩井です。

 

家に永く住み続けるためには、家そのものの耐震性や強度が必要です。現在では木造建築でもさまざまな技術が開発され、強度の高い家づくりが可能となっています。

 

ラーメン構造とも呼ばれる「門型フレーム」は、柱と梁が門型になったフレームのことです。ちなみにラーメンとは、ドイツ語で「」を意味します。この門型フレームを採用することで、これまでの木造では難しかった自由な設計や大空間が実現します。

202002-3-1.jpg

従来の工法では、強度を確保するために「」を計画する必要がありました。しかし高い強度を誇る門型フレームは、3.6mを超える幅の空間を実現できます。

 

それがどう活かされるかといいますと、たとえばビルトインガレージをつくるとします。従来の工法では、強度を確保するために「」、いわば耐力壁が必要となり、2台停められるスペースがありそうでも1台分しかつくれませんでした。

一方、門型フレームは耐力壁の要素を兼ね備えるため、2台分のスペースをつくれるのです。

また、門型フレームは大開口が可能となるため、日光をより多く採り入れることができるというのもメリットです。

藤島建設のモデルハウス「家暮PREMIUM」では、門型フレームを採用しています。ご興味ある方は、ぜひ一度ご見学にいらしてください。

 

また、最近では幅の狭い「」も耐力壁として扱える技術も発達しております。

詳しくは、弊社スタッフにお問合せ下さい。

202002-3-2.jpg

202002-3-3.jpg