技術へのこだわり

断熱・気密性能へのこだわり

【断熱】藤島建設は、断熱性能もエコに考えます

フジシマウッドファイバー

木材の有効活用

住宅の構造材などに用いられる太い木を大きく育てるために重要なのが木の間伐です。当社の木質断熱材「フジシマウッドファイバー」は間伐した木の有効活用を考えることから生まれました。
断熱性能が高く、自然由来で環境にも優しい素材である木質断熱材は欧州では広く普及していますが、日本では価格が割高になるなどの理由で主流にはなっていません。藤島建設では岩手県葛巻町の自社間伐材を利用することでコストダウンを実現しました。
岩手県葛巻町で育てたカラマツの間伐材をチップ化し、煮沸して線維を取り出し乾燥させ、難燃・防蟻処理などを施した上で成形。自社のプレカット工場でパネル化しています。

可変透湿シート

空気中の水分が少ない冬場には湿気を通さず、空気が湿った夏場には湿気を通します。通常の防湿・気密シートは、温暖な地域で使うには課題がありましたが、独自の可変透湿機能により、夏型結露のリスクを低減して耐久性の向上に貢献するとともに省エネ性能を向上させました。

〈壁構造〉

【断熱】藤島建設は、断熱性能を徹底させます

暖房時に室内の熱を外に出さないようにし、冷房時には熱い外気を室内に入れないようにすることで、冷暖房の効率化を図るのが断熱の大切な役割です。この役割を果たすためには、気密性だけでなく、断熱性能の高さが重要な条件。藤島建設では、主な断熱材として押出法ポリスチレンフォーム板を採用しています。無数の独立した気泡構造により高い断熱性能を発揮するこの断熱材は、変質、変形、軟化が非常に少ないため、長期にわたり高い性能を確保できます。
この断熱材と構造材を一体化させたのがUPパネル。UPパネルをハイフレイムに固定し、さらに乾燥空気を封じ込めた複層ガラスサッシを気密シールすることで、非常に優れた断熱性能を確保しました。

〈壁構造〉

【気密】藤島建設は、気密性能にこだわります

気密性は冷暖房の効率化、結露の防止、そして、埃や花粉をシャットアウトし、計画的な換気を行うための重要なポイントです。藤島建設では構造用合板と断熱材、気密補助材を一体化させたUPパネルを気密パッキンで密着させ、ハイフレイムの強固な骨組みに全面張りしています。さらに、高気密複層ガラスサッシを使用することにより高い気密性を実現しています。もちろん、高気密住宅には不可欠な換気に関しても長年にわたる研究を重ね、24時間の計画換気をしています。

【換気】藤島建設は、一歩先行く24時間計画換気を採用しています

暮らしの中で発生する二酸化炭素、水蒸気、ホコリ、臭いを排出し、新鮮な空気を取り込むのが換気の重要な働き。建築基準法では2時間に1回以上、室内と同容積の空気を入れ換えるように定めています。とりわけ気密性の高い住宅の場合は、隙間からの自然換気がほとんどないため、計画的な換気は必要不可欠。 藤島建設では、3種類に大別できる換気システムの中でも、特に住宅に最適な第一種換気システムをご用意しています。お客様のライフスタイルに合わせたシステムで、居住スペース全体から床下まで24時間計画換気。快適で健康的な生活環境を維持しながら、建物を様々なダメージから守ります。

第一種換気システム

給気、排気とも機械を使用して行う換気システムです。空気の流れや出入りを計算し、機械的に制御できるため、精度の高い計画換気を行うことができます。また、藤島建設では、内外気の熱を効率良く交換できる換気ユニットを導入し、各部屋に吹出グリルを設置することで、冷暖房ロスや乾燥を抑制。さらに、除菌フィルターや掃除が簡単なカセット方式を採用することで、室内空気を清潔な状態に保ちます。

〈冬期の場合〉

※詳しくは、販売担当者にお問い合わせください。

【断熱】藤島建設は、断熱性能を徹底させます

暖房時に室内の熱を外に出さないようにし、冷房時には熱い外気を室内に入れないようにすることで、冷暖房の効率化を図るのが断熱の大切な役割です。この役割を果たすために、断熱性能の高さが重要な条件。藤島建設では、主な断熱材として押出法ポリスチレンフォーム板を採用しています。無数の独立した気泡構造により高い断熱性能を発揮するこの断熱材は、変質、変形、軟化が非常に少ないため、長期にわたり高い性能を確保できます。
この断熱材と乾燥空気を封じ込めた複層ガラスサッシを使用することで優れた断熱性能を確保しました。

〈壁構造〉

【気密】藤島建設は、気密性能を深く考えます

気密性は冷暖房の効率化、結露の防止のため重要な部分になる計画換気に必要な要素になります。建物の施工精度を高め、サッシには複層ガラスサッシを採用して気密性能向上に努めています。

【換気】藤島建設は、一歩先行く24時間計画換気を採用しています

暮らしの中で発生する二酸化炭素、水蒸気、ホコリ、臭いを排出し、新鮮な空気を取り込むのが換気の重要な働き。建築基準法では2時間に1回以上、室内と同容積の空気を入れ換えるように定めています。とりわけ気密性の高い住宅の場合は、隙間からの自然換気がほとんどないため、計画的な換気は必要不可欠。
藤島建設では、第三種換気システムもご用意しています。お客様のライフスタイルに合わせたシステムにより24時間計画換気。快適で健康的な生活環境を維持しながら、建物を様々なダメージから守ります。

第三種換気システム

給気を自然に行い、排気は機械を使用するシステムです。多くの住宅で採用されている一般的な換気システムで、コスト的にも導入しやすいのが特長です。最適な換気量や換気経路を計算した上で新鮮な空気を取り込み、住宅全体を計画的に換気。排気計量換気システムにより、冷暖房効率の低下も防ぎます。清浄フィルターをセットした給気口から清潔な空気を取り込み、1時間に0.5回の計画換気を行います。