地中熱へのこだわり|商品紹介|藤島建設
技術へのこだわり

地中熱へのこだわり

地中熱とは

太陽からの熱が地中に蓄えられた熱エネルギー

『地中熱』は、太陽からの熱が地中に蓄えられた熱エネルギーのことです。
地表から10mくらいの地中は、その地域の年平均気温の+1~2℃程高い温度であると言われ、埼玉では16℃前後であると言われています。

地中の熱は地上より温度が安定しています。
太陽光と違い、天候や環境に左右されず年間を通して温度が一定です。日当たりの少ない立地でも問題ありません。

ちなみに、「地中熱」とよく間違われる「地熱」は、マグマから伝わる熱エネルギーで、同じく再生可能エネルギーとして規定されています。熱源の違いにより、利用の仕方も変わります。

【地中熱と地熱の違い】
地中熱 地熱
熱源 太陽 地球内部
深度 数m~200m 程度 ~3km 程度
温度 16℃前後 ~350℃
用途 冷暖房、融雪など 地熱発電、温泉など

地中熱は、太陽光・風力・水力などと同じ『再生可能エネルギー』

地中熱は、太陽光、風力、水力などと同じく『再生可能エネルギー』に規定されています。
再生可能エネルギーは、資源が枯渇せず繰り返し使え、発電時や熱利用時に地球温暖化の原因となる二酸化炭素をほとんど排出しない優れたエネルギーです。※1

※1経済産業省 資源エネルギー庁 なっとく!再生可能エネルギー
http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/renewable/outline/index.html
をもとに作成

埼玉県をあげて導入を推進する地中熱

埼玉県は、再生可能エネルギー等の普及拡大に向け、各種施策に取り組んでいます。
埼玉県をはじめとして、さいたま市、戸田市、川口市、所沢市では比較的容易に利用できる補助金メニューを予算化しており、さらに助成や支援策が拡充されつつあります。

藤島建設の地中熱利用システム「Geott(ジオット)」のご紹介

地中熱エアコン・給湯システムのイメージ

Geotto(ジオット)ならエアコン室外機1台で
室内機4台まで設置することが可能

一般的なエアコンは室内機1台に室外機1台が必要ですが、ジオットは室外機1台で室内機4台(3.6Kw×1台 2.2Kw×3台)まで設置することが可能です。
1台に集約することで場所も節約できます。
省スペースなだけでなく、綺麗でスマートな景観の住宅を演出します。

4部屋マルチエアコン+給湯をセットにした 標準システム

Geott(ジオット)導入のメリット

「環境」にやさしい

効率が良いので節電効果によりCO2の排出量を低減できます。
また大気の排熱(ファン)がないので熱風や冷風が出ません。ヒートアイランド現象の防止にも貢献します。
室外機のファンによる騒音や嫌な風も生じないので近隣の住宅にもやさしい設備です。
また効率的なエネルギーの利用方法は発電所など社会的インフラを減らして行くことにも繋がり、社会的な課題を解決することに役立ちます。
Geottは住宅環境からより良い社会を作ることへ貢献します。

「からだ」にやさしい

高性能住宅と組み合わせることで建物内の急激な温度変化を抑えます。
部屋ごとの温度差が少なく快適に暮らすことができ、体に掛かる負担やヒートショックの不安も軽減します。
また普通のエアコンと違い地中に排熱するので室外機にファンが要りません。
その為、空気熱交換機に発生する霜を取り除く際の暖房時の運転停止も起こりません。

「家計」にやさしい

空冷式エアコンに比べて省エネなのでランニングコストを抑えられます。 また、さいたま市近辺では住宅建築の際に地盤改良するケースが多く、Geott(ジオット)は地盤改良杭を採熱抗として利用するので、費用が抑えられます。 藤島建設ならではのメリットです。

見て体感4つの施設!2つの体験宿泊モデルハウス!!

地中熱について詳しく見られます

1階は地中熱エネルギーで冷暖房と給湯をまかない、2階は空気熱源エアコンで冷暖房を使用しています。
もちろんGeottも実物を展示しております。
ショールーム「フィットインプラザ」では藤島建設の家づくりが全て見られ、スタッフが詳しく説明いたしますのでぜひお越しください!
> Fit in Plazaのご紹介

地中熱を実際に体験できるモデルハウス

モデルハウス「堆のすみ家」 「初恋の家」のエアコンは、地中熱ヒートポンプシステムGeottを採用しています。
「堆のすみ家」では宿泊体験も可能です。ぜひお試しください!