技術へのこだわり

地震対策へのこだわり

藤島建設は、建物剛性を追求します

大地震による木造建築倒壊の大多数は、接合部分(仕口、継手)の強度不足、木材の腐食、そして、劣化が原因でした。藤島建設は大学や公共の研究機関と協力して、材料強度、破壊、構造強度、耐震、耐火等の様々な試験を繰り返し実施。構造材の接合部分に金物を使う「ハイフレイム工法」の開発は、柱や梁、そして、土台の断面の加工欠損を低減させ、結合部分の強度、耐久性を格段にアップさせました。

使用する金物は、非常に高い耐力、防錆力を持つ金物「テックワンP3」。1.5倍の強度を持つ集成材(※)を主要構造躯体に使い、これら構造材を「テックワンP3」で強固に一体化しています。
(※同一樹種の比較による)

さらに、床、壁、屋根に剛性の高い面材を張ることで、モノコック構造を構築し、地震や台風等による外部からの力を分散。強靭なベタ基礎と組み合わせることで、外力を地面へと逃がし、従来の木造軸組工法と比べ、抜群に高い耐震性、耐風性を実現することができました。
また、コンピュータ制御による高精度の構造材加工を自社工場で行うことで、建物の剛性を上げるだけでなく、安定した耐久性を確保しています。

モノコック構造

各構造材を接合金物で強固に接合し、さらに床・壁・屋根を耐力面材で構成することで床・壁・屋根の六面が一体となるモノコック構造。六面の強固な一体構造で地震や台風などの外力を建物全体で分散してバランスよく受け止め、地盤に逃がします。

耐震実験の模様を動画でご覧ください。

これからの地震対策は「耐震」から「耐震+制震」へ

「制震技術」というのは、「ダメージが発生する部分」をコントロールしようというものです。住宅のどの部分で起きるか分らない破壊を、「制震システム」へと意図的に集中させます。
実物大の住宅に対して擬似的に地震衝撃を与える「実大振動台実験」では、建築基準法で想定している大地震波(BSL波)や阪神淡路大震災と同じ地震波 (JMA神戸NS波)の揺れを大幅に低減し、繰り返しの地震衝撃に対しても強いことが証明されています。つまり、数回の地震を受けても高い性能を発揮し、 繰り返し襲ってくる「余震」にも強いと考えられます。これからの地震に強い家づくりでは「制震システム」の必要性が高まっています。

耐震・制震・免震の違い

耐震

柱・梁・壁などの強度で地震に対抗する。揺れに「耐える」地震対策。

制震

揺れを吸収する装置で地震に対抗する。揺れを「制御する」地震対策。

免震

建物を地面から絶縁して地震に対抗する。揺れから「免れる」地震対策。

耐震 制震 免震
揺れ 建物の揺れ自体は軽減されない 建物の揺れは軽減される 建物の揺れはほとんどない
耐久性 繰り返しの地震により強度が低下する可能性がある 繰り返しの地震に強い
コスト 低価格 高価格

※制震部材は間取りに合わせてご提案させていただきます。